カロリー消費と運動について

何も食べずにすぐ筋トレに励もうとも、身体は変わってくれません。鍛えてる間であろうとも、たんぱく質が使われるためです。そこで、筋トレをする前におにぎりやバナナといった消化が良く、たんぱく質も取れる食べ物を摂取するのは筋トレ前の下準備とも言えます。

しかし、注意点として、これらを摂取した直後に筋トレを開始するのはいけません。ただ、消化の早いものであれば、摂取後30分経ってからなら筋トレを開始しても大丈夫です。

カロリーを多く消費する運動は、私がやってみて感じたのは水泳やバスケといった発汗作用を高めやすい運動です。特に水泳は、全身を使うので身体全体の発汗作用を高めるのにもってこいの運動ともいえます。

逆に、カロリーをそこまで消費しない運動は、準備運動や徒歩といった疲労しにくい運動になります。しかしこれらの運動は、本格的な筋トレをする前に行うことで全身の血液循環を良くしてくれる大変重要な役割を果たします。

ちなみに、いきなり発汗作用のある運動を行うと、怪我につながりますし効果もありません。

準備体操は、一見やらなくても良さげな感じですが、全身を温める役割がより効率的な筋トレに結びつくので、身体を動かす前にはひとまず軽い運動を行っておくことで、怪我する可能性を減らすることができます。引用:ダイエットインナー女性用の詳細